2015年02月28日

しきみ畑

0228sikimi1.JPG
とりあえず、こちらを借りる予定で話が進んでおります。
自宅から車で20分程のところにあります。
20年近く前に植えられ、葉を切って出荷されていたらしいです。
持ち主が高齢のため、手付かずで数年放置されていたそうです。
それを農協が借り入れ、手入れをしている途中という事です。
出荷しながら、後2~3年手入れすれば、1年間途切れずに出荷するのにちょうどいい広さだそうです。

初期投資0円
リスク0
専門家のサポート付き
出荷商品の価格変動無し
と、条件だけ聞いて、
「こんな仕事やってみませんか?」
と言われたら、とりあえず眉に唾して聞くような内容ですよね(笑)
とりあえず、こちらをお借りして出荷しつつ、自宅の横に植えているしきみを手入れ・拡大して、10年後には自宅の横だけで、ある程度の安定した収入を得る事を目指します。


posted by 幹(もと)やん at 21:54| 和歌山 ☀| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

しきみ

脱サラをして、野菜作りをしようとしている私ですが、1年を通して平均的に収入を得るのは大変です。

そんな中、母の知り合いのオッチャンから
「しきみをやってみないか?」
というお話をいただきました。
しきみって、お墓や仏壇に供えるあの緑の葉っぱですね。
母は、もう何年も前から、その知り合いのオッチャンに頼まれて、しきみをくくる仕事をしています。
そのオッチャン曰く、しきみを植えて出荷していた人の中には、高齢のために、出荷を止めてしまった人が有ると。
そういう場所を安く借りる事ができるはずらしいです。
しきみを出荷している農協の担当者に連絡しておくから、きっといい場所を紹介してくれるとの事でした。

そんな事で、幸いというか今日は雨降り。
農作業はできないので、ちょっとしきみをくくる作業を・・・

0226sikimi1.JPG
まあ、こんな感じで、倉庫で作業。

0226sikimi2.JPG
もとやん、生まれて初めてくくったしきみでございます。
母が作業しているのを見た事はありますが、実際に自分でやってみると、これがなかなか難しい。
今後、何回も作業すれば、もう少し上手で早く出来るようになるでしょう。
posted by 幹(もと)やん at 20:42| 和歌山 ☁| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

マタタビを植え付け

0225matatabi1.JPG
昨日掘った穴に、マタタビを植え付けました。
今までは別の場所で、棚を作って栽培していました。
ところが、マタタビの特性から、今回の植え替えとなりました。
その特性というのは、マタタビの実の出来る場所の事。
毎年新しく伸びた枝に実が出来、古い枝にはほとんど実は出来ません。
すると、棚で栽培していると、実が出来る場所は毎年横へ横へと移動していきます。
毎年横へと棚を拡大していくと限界が来ますし、全く収穫できない場所が広くなってしまい無駄です。
そこで、縦方向に栽培場所を確保する事で、この問題を解決出来る!かな?(笑)
さて、どうなりますか???

ちなみに、出荷したマタタビは焼酎に漬けてマタタビ酒になるのがほとんどのようです。
直販所でも、マタタビを出荷する人って少ないので、わりとエエお値段で販売出来るんですよ。
posted by 幹(もと)やん at 22:41| 和歌山 ☁| Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。